バーベキュー情報局

安全な火おこし方法を知って楽しく調理をしよう

火おこしもマナーがたくさん

バーベキューにおいて、火おこしは避けては通れない流れですよね。火を扱うにあたって、周りの方々に迷惑をかけないように安全を心がけることも重要なことです。やってはいけない火おこし方法などを知って、安全な火おこしをしましょう。

火の扱いには注意が必要

お肉

身近にある新聞紙

火おこしの際に意外とやってはいけないものが新聞紙を使うことです。新聞紙を使用すると、大量の煙が発生することや灰が舞ってしまうことが周りに迷惑をかけやすい要因の一つになります。そのためバーベキューのマナーとしても新聞紙を火おこしで選ぶのはやめましょう。

着火剤には気をつける

バーベキューの時に食材を焼いていて、火が思ったより足りないかな?と思った際に、着火剤で火を跡継ぎするのは危険です。何故なら思っている以上に火が燃え上がる可能性があるからです。そのため最初から適した火をつけるようにしましょう。

うちわで扇ぐ

着火剤を火元につけて、火を早く起こそうと思いうちわで仰いでしまいがちです。実はその行為は逆効果だったのです。火を起こしたいのであれば、炭に火がきちんと移ってからうちわで扇ぐと効果的です。長居公園など家族連れも多いので、周囲に注意を向けて行うと良いです。

小さいものを選ぶ

火がつきやすい炭は、実は小さいものなのです。見た目が大きいから見つけやすいので、なんとなく大きいものを選びがちですが小さいものを選びましょう。着火剤で小さな炭に火をつけてから、大きな炭につけていくと良いです。

灰がついたままで放置しない

炭の特徴として言えるのは時間が経つと、表面に灰をまとって白っぽく変色していきます。炭にこの白い部分が増えると、炭の火力を減少させてしまう要因になるので時折様子を見て、灰を落とすようにしていきましょう。